ハチによる被害を防ぐ方法〜蜂の巣対策で刺傷トラブルを防ぐ〜

マラソン大会で起きた悲劇

ハチにさされる被害は全国各地で多発しており、最近では都心部でも増えてきました。岐阜県の飛騨市神岡町で開かれた山の村だいこんマラソン大会では115人のランナーがハチに刺され、軽傷を負うトラブルが発生しています。マラソンに参加した方の数は397人であり、多くの方は折り返し地点の手前に存在する橋部分で襲われていました。橋の下にはキイロスズメバチの蜂の巣が存在しており、大勢のランナーが走ることによって発生した足音や振動によって刺激されてしまったのが主な原因とされています。

ハチが人を刺すメカニズム

ハチが人を攻撃するのは防衛行動であるため、蜂の巣に近づいたりすることがない限り人を攻撃したりすることはありません。

専門家の力を借りるのが一番安全

自宅に蜂の巣ができてしまった場合は個人で駆除作業を行なわず、専門業者に依頼するのがベストです。スズメバチはとても狂暴な性格を持っているため、個人で駆除を行なうと大怪我を負う可能性があります。専門業者に依頼を行なっておけば、スムーズに駆除作業を完了させることができます。地域によっては役所でハチの駆除を実施してくれる場合もありますが、きちんと駆除を完了しておきたい場合は専門業者が最適です。"

実際に駆除業者を利用した人の声

自宅の周辺でスズメバチを見かけて危険を感じたため、業者の方にハチ駆除を依頼しました。とても狂暴性なハチなので不安でしたが、依頼を行なった後にすぐ蜂の巣を駆除することができてとても満足しています。

業者に依頼して正解(25歳/専業主婦)

自宅の庭でスズメバチがいつの間にか蜂の巣を作っており、このままだと子供に危害が及ぶと感じたため業者の方へ駆除を依頼しました。迅速に蜂の巣の駆除を実施してくれたため、思ったよりも短い時間で庭から蜂の巣を撤去することができました。

back to top